ローカル部門

生活協同組合コープさっぽろ

1965年に消費者の手で真に利益を守る流通網をつくろうと設立された。今では、北海道民の食を支えるプラットフォームであるだけでなく、自分たちが持っている物流、販売拠点などを使って、地域の少子化高齢化問題にむけた取り組みを行うなど、地方自治体が抱える課題解決のプラットフォームになろうとしている。生産者と消費者を直接つなぐことで、地域経済を循環させる役割も担っている。

ローカル部門

平野ビニール工業株式会社

静岡県磐田市で、主に自動車用シートの裁断、縫製加工を行う企業。日本で課題が多い外国人人材の活用で、企業独自のインクルージョン施策を打ち出す。静岡銀行が実施したSDGsに積極的に取り組む企業を対象とした「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」の対象ともなり、地域活動への参加など「多文化共生」を目指している。また、深刻化する地方の人手不足問題に対しても積極的に施策を行っている。

ローカル部門

株式会社都田建設

浜松市を中心に、環境や自然体の暮らしに配慮した注文住宅を手掛ける工務店。過疎化が進む無人駅を『駅cafe』としてリノベーションするなど、地域に密着した活動を行っている。地域住民との信頼をベースにしながら、「古き良きものに新しい命を吹き込む活動こそが、新たな時代の街づくりの在り方となる」ことを様々な活動を通して実践している。