ヒューマニズム部門

株式会社大川印刷

1881年神奈川県横浜市に設立、その後戸塚区に拠点を移し事業を行う老舗の印刷会社。印刷を通じて社会課題を解決すべく「環境印刷」に注力する他、原料を通じた途上国の雇用創出や児童労働の問題にも配慮。近年は難民認定申請者を雇用する取り組みを行うなど、印刷事業だけに留まらないソーシャルプリンティングカンパニー®として、持続可能な社会の実現を目指し活動している。

ヒューマニズム部門

株式会社ボーダレス・ジャパン

社会問題をビジネスで解決するソーシャルビジネスを世界16カ国で41事業展開中。再生可能エネルギーで電気を届け、利用者が月々の電気料金の1%を選んだNPOや社会起業家に寄付できる仕組みの「ハチドリ電力」をはじめとし、インドやバングラデシュなどの途上国で雇用を創出する事業も数多く手がけている。

ヒューマニズム部門

株式会社マザーハウス

「途上国から世界に通用するブランドをつくる」という理念を掲げ、2006年にバングラデシュで事業をスタート。現地特有のレザーや麻の素材を用いたバッグや革小物、アクセサリーなどを現在は6カ国で生産し4カ国で販売している。働く環境を整えることが第一と考え、給与水準の高さやスキルアップに合わせたポジションの昇級、年金・医療保険の整備など、従業員が「第二の家」としてが安心して働ける工場を目指している。